スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

要注意な聞き流す英会話教材とは!1000時間ヒアリングマラソンはどうなの?

まず聞き流す英会話教材は、学習者の英語力(例えば英単語をたくさん知っているとか)が備わっていないと、本来の効果を発揮することは難しいとされています。特に1日5分で3ヶ月で英語が話せるなんて『絶対にあり得ません』!英会話学習のポイントは、まず続けること!1年とか、長期スパンで考えることがポイントです。

そのため英会話を聞くという点では、NHKラジオの英会話番組などは、英会話のプロからも評価されています。そこで、最近話題の聞き流す英会話教材ですが、プロにははっきり言って評判が悪いです。

その一番の理由は、英会話初心者(ここでは基本的な英語力が無い方)が聞いても、本当に聞き流すだけに終わってしまう点。ある程度の英語力があり、久しぶりに英語の感を取り戻すという方には、ある程度の効果があるようです。

特に聞き流す英会話教材ならスピードラーニングやエブリデイイングリッシュが人気ですが、この2つを買うくらいなら、アルクの『1000時間ヒアリングマラソン』の方がマシという声は少なくありません。テキスト(雑誌も含まれる)とCDを組み合わせて自由度の高い学習法ができます。

『1000時間ヒアリングマラソン』の場合、最新の話題でナチュラル(言い換えればネイティブ)な英語を聞けるため、自然な言い回しが出来ることがポイント!例えばセレブのインタビューが中心なので普通の英会話が聞けるわけです。英語のニュースではこの部分が至らないわけです。

なお『1000時間ヒアリングマラソン』は、ヒアリングに特化した教材なため、自分で英語を発声して会話力を身に付けたい方には不向きです。どちらかといえば、通勤・通学時間を有効に使うなら『1000時間ヒアリングマラソン』がいいかもしれませんね。この教材のネイティブなスピードに慣れれば、TOEICのリスニングもスローに聞こえるようになるそうです。これと合わせて、キクタンなどで英語力を高めていけば、さらにGOODかもしれません!
スポンサーサイト

| 英語学習方法 | TOP↑

アルク英会話教材の優位性!英会話初心者は1000時間ヒアリングマラソンを使っても大丈夫?

アルク英会話教材『1000時間ヒアリングマラソン』英会話をマスターするのにアルク『1000時間ヒアリングマラソン』を検討する方がいます。この教材は、企業の英会話研修でも使われることもあり、内容が充実しているのがポイントです。副教材も充実していますが、実は英会話初心者には、意外と敷居が高いかなと思う部分があります。

最近の英会話教材は、最初に英語を聞き取る耳を作ることが大切とされていますが、普段から英語に親しんでいない方には、もっと初心者レベルの教材から始めてみてもいい気がします。特にアルクの英会話教材(リスニング関係)には、こんなバリエーションがあります。

教材レベル★★★(星3つ) 1000時間ヒアリングマラソン(一般受講料:税込52,290円)
教材レベル★★☆(星2つ) ヒアリングマラソン ビジネス(一般受講料:税込32,000円)
教材レベル★★☆(星2つ) ヒアリングマラソン中級コース(一般受講料:税込37,800円)
教材レベル★☆☆(星1つ) ヒアリングマラソン・ベーシック kikuzo! <キクゾー!>(一般受講料:税込37,800円)

最近では、英語耳を作るためにテキストを使わないヒアリング専門(聞き流す)の英会話教材が多くなりましたが、やはりそれなりの効果を発揮するようです。ただし英会話のマスターは、続けることが必要なので、いきなり高価な教材を使うよりも、むしろ聞き流す英会話教材の方が続けられる感じがします。

そこで英会話初心者がアルクの教材を使うなら『1000時間ヒアリングマラソン』よりも『ヒアリングマラソン・ベーシック kikuzo! <キクゾー!>』の方が聞き流すだけなのでオススメかなとも思います。

特に英語を聞き取る耳ができないと、本当に英語がつまらなくなってしまいます。そのため最初は、気負いせず気軽に聞き流すくらいの方が続けられるわけです。ここで英語を聞き取るコツがつかめたら、次に進めばいいわけです。

次に教材別の学習時間や目安について紹介します。

1000時間ヒアリングマラソン(1日3時間程度、1年間で1000時間、12ヶ月)
ヒアリングマラソン ビジネス(1日30分、3ヶ月)
ヒアリングマラソン中級コース(1日40分、6ヶ月)
ヒアリングマラソン・ベーシック kikuzo! <キクゾー!>(1日30分、6ヶ月)

だいたいこんな感じですが、まず社会人が1日3時間の時間が取れるかというと疑問を感じます。最初は、1日30分程度から英語を聞き流して半年後にどうなるかを考えた方がいい感じです。安くない英会話教材だからこそ、最初は敷居を下げて長く続けることを前提にした学習プランを立てることが大切かなと思います。

「ヒアリングマラソン」

| アルク英会話教材の特徴 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。