スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

要注意な聞き流す英会話教材とは!1000時間ヒアリングマラソンはどうなの?

まず聞き流す英会話教材は、学習者の英語力(例えば英単語をたくさん知っているとか)が備わっていないと、本来の効果を発揮することは難しいとされています。特に1日5分で3ヶ月で英語が話せるなんて『絶対にあり得ません』!英会話学習のポイントは、まず続けること!1年とか、長期スパンで考えることがポイントです。

そのため英会話を聞くという点では、NHKラジオの英会話番組などは、英会話のプロからも評価されています。そこで、最近話題の聞き流す英会話教材ですが、プロにははっきり言って評判が悪いです。

その一番の理由は、英会話初心者(ここでは基本的な英語力が無い方)が聞いても、本当に聞き流すだけに終わってしまう点。ある程度の英語力があり、久しぶりに英語の感を取り戻すという方には、ある程度の効果があるようです。

特に聞き流す英会話教材ならスピードラーニングやエブリデイイングリッシュが人気ですが、この2つを買うくらいなら、アルクの『1000時間ヒアリングマラソン』の方がマシという声は少なくありません。テキスト(雑誌も含まれる)とCDを組み合わせて自由度の高い学習法ができます。

『1000時間ヒアリングマラソン』の場合、最新の話題でナチュラル(言い換えればネイティブ)な英語を聞けるため、自然な言い回しが出来ることがポイント!例えばセレブのインタビューが中心なので普通の英会話が聞けるわけです。英語のニュースではこの部分が至らないわけです。

なお『1000時間ヒアリングマラソン』は、ヒアリングに特化した教材なため、自分で英語を発声して会話力を身に付けたい方には不向きです。どちらかといえば、通勤・通学時間を有効に使うなら『1000時間ヒアリングマラソン』がいいかもしれませんね。この教材のネイティブなスピードに慣れれば、TOEICのリスニングもスローに聞こえるようになるそうです。これと合わせて、キクタンなどで英語力を高めていけば、さらにGOODかもしれません!
スポンサーサイト

| 英語学習方法 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。